Alfama in Lisbon

抜けるように真っ青な空のリスボン。
城壁をとり囲むように広がる、迷路のような旧市街 Alfama.

石畳の細い路地、坂道、急な階段、朽ちかけたタイル貼りの外壁にアイアンワーク、無造作に干された洗濯物。
人々の暮らしが垣間見られる路地の間からのぞくテージョ川。

日中は観光客で賑わうこの界隈も、朝は静かでゆっくりと散歩が楽しめ、夜も静かに眠れるので、路地好きの方は是非Alfamaに滞在を。

 

テラスからの眺めも素敵な「The Palacete Chafariz D’El Rei」
19世紀の貴族の館をリノベートし、新ムーアスタイルのデザインを復刻させたホテル。路地の奥にある重たい扉を開けると、一瞬で眩い光に包まれ、まるで時代の迷路に入ってしまったかのようだ。わずか3室のみなので宿泊予約は困難ですが、朝食だけの予約でも快く受けてくれます。

≫ The Palacete Chafariz D’El Rei