Charcoal Plate

海外にオープンする日本料理店用に提案した、炭火焼料理用の木製プレート。
真っ新の綺麗な木板のエッジを荒して表情をつけ、表面を炎で真っ黒になるまで炙ると炭化したような銀色を含んだ墨色になる。
その後、木目を浮き立たせるうづくり加工を施し、さらに炎で炙って再び銀色を浮かび上がらせると、真っ黒だけれど表情のある骨太なプレートになる。

気づけば20年来のお付き合いとなる、信頼できる木工所の社長に無理言って作ってもらいました。
伝えたニュアンスが形になる、というのは、すこぶる快感でちょっと鳥肌もの。
本来とても難しいはずのこんな仕事がすんなり進んでしまうのは、やはり “人のちから” です。
Mさんに感謝!!

海を渡って活躍する姿が今から楽しみです。