ESqUISSE – Spring 2017

ESqUISSEは、やっぱり陽のさすランチタイムが似合う店だと思う。
ついつい寛ぎ過ぎて3時間も居座ってしまったけれど、夕暮れにむかい弱まる陽の光がさしこむと、これがまた内装デザインにしっくりきて、また席を立てなくなる。

Lionelの料理は相変わらず香り高くドラマティックで、若林さんのワインペアリングは楽しい。
今日ふと思ったのは、彼の料理は坂本龍一氏の世界観にどこか似ているな、と。
数ヶ月前に訪れた、アルバム「async」のエキシビションは正直私には今ひとつピンとこなかったが、

un + synchronization = 非同期

を語源としているらしいこのアルバム。
Lionelの料理を味わっていたらふと思い出され、坂本氏の世界観、そして映像の見える音楽が不思議とすっとお腹におちた。いつか坂本さんとLionelとのコラボイベントが実現しないかなぁ、と密かに期待。
一見、華やかで美しく見える彼の料理にも、坂本さんの音楽で伝わってくる孤独感、影、空虚などが潜んでいてこその味わい深さや憂があるような気がした。

≫ ESqUISSE