Saul Leiter

久しぶりに心揺さぶられるエキシビションでした。
華やかなファッションの世界よりもイーストヴィレッジの日常風景を愛し、55年間に渡り撮られた膨大な量の写真。
彼の言う「見逃してしまった瞬間」を切り取ったその1枚1枚には、彼の愛が溢れています。
わたしたち日本人は、彼から学ぶことが沢山ありますね。

 

When you consider many of the things
that people treat very seriously,
you realize that
they don’t deserve
to be treated that seriously.
And that many of the things
people worry about
aren’t worth worrying about.

 

Photography allows you to learn
to look and see.
You begin to see things
you’d never paid attention to.

 

The important thing in life is
not what you get,
but what you throw out.

 

エキシビション@渋谷 文化村は26日までですが、DVDも出ているようですので、ご興味の方はぜひ。