Welcome to the country of eggs and sugar!

まぁ、食べた、食べた、山ほどの卵と砂糖!

Pastel de Nata

日本では 「エッグタルト」 と呼ばれているが、正しく翻訳すると ‘nata’ は、エッグではなくクリームで、まさにそれはクリームのようにトロトロで、分かりやすく言うならば “パイに包まれたクレームブリュレ” で、ずっしりと重い。
私も日本で美味しいと言われている店やマカオでも何度か食べたことはあったけれど、驚いたことにポルトガルで食べたそれは、全くの別物でした。

≫ PASTELARIA Santo António @Lisboa

 

こちらはポルトガル人絶賛のÉvoraにあるパティスリー。
オーブンから出してくれた熱々は、さらにトロ、、いや、ドロドロで、卵好きにはたまらないっ!
ローカルの人たちは、これにシナモンをたっぷりかけて食べる。
と聞いてかけてみたけれど、シナモンは要らなかったなぁ、、。

≫ FABRICA dos Pastéis @Evora

 

朝食にはスープ皿大のクレームブリュレ。
街のパティスリーには、カスタード系、カステラ系の黄色いお菓子が並んでる。
ポルトガル人は本当に卵と砂糖がだーいすき!